by karasuko | 20:09

キャッシングの審査では本人確認という名目でほぼ必ず担当者と会話する機会があります。このときの態度によっても審査に影響を及ぼす場合があるのです。

スタッフと電話などで会話する段階では、すでにコンピューターによる仮審査は終了しており、審査可能という結果が出ていることがほとんどです。しかし、最後に必ず人間のスタッフによる確認と決済が必要になっています。この本人確認で申し込んだ人の態度や言動に不審な点があった場合、仮審査には通っていても本審査で落とされてしまう場合があるのです。

スタッフとの会話では、申し込みの際に申請した事項についての質疑応答などが行われますが、質問にあやふやな答えを返したり、乱暴な言動をしたり、といったような態度は審査に悪い影響をもたらします。「この人は信用できない」と判断されてしまうと、最後の最後で審査結果がひっくり返ってしまうこともあるのです。もし、急ぎの用で申し込みをしているときも、スタッフへの接し方はきちんと丁寧に行いましょう。

  COMMENTS OFF

Comments

Comments are closed.