by karasuko | 10:37

キャッシングの契約をする際は、本人確認のために必要な物があります。この時に使われる物には車の免許証、保険証などが挙げられます。保険証は9月の下旬に市の方から送られて来るタイプの物を使うと最適です。住所氏名、生年月日や保険者番号が書いてあるので、身分を示す書類として契約側が認識してくれるからです。

免許証の方は個人情報だけでなく、写真もついているため、信頼できると判断されるきっかけに結びつきます。自動車免許を使うのが一般的ですが、原付免許を呈示しても問題ありません。

学生がキャッシングの契約をしたい時は、免許証や保険証を用意できないこともあり得ます。急遽お金が必要になり困った時は、通っている大学の学生証を使うと良いでしょう。通っている大学名や住所氏名、それに写真も掲載してあるのでコピーした物をアップロードすれば、サイトの審査を通過できます。

通信制の大学に通っている時も、写真付きの学生証を入手可能です。こちらの場合もキャッシングの審査に使えます。

キャッシングで高額な融資を受けたい時は本人確認用の書類だけでなく、収入証明書も必須です。手元にない時は勤務先か近くの市役所に行けば交付してもらえます。ただ、市役所は普段は平日に営業していて行くのが難しいと思われるので、勤務先で発行してもらった方が良いです。

  COMMENTS OFF

Comments

Comments are closed.