by karasuko | 15:52

キャッシングは、急にお金が必要になった時に、一時的にお金を立て替える用途で使える消費者金融会社の融資サービスです。
キャッシングは、ビジネスローンとは違って、個人向けの融資サービスですので、様々な用途で使えるのが利点です。多くの消費者金融会社の利用条件は、満20歳以上満70歳以下の一定の収入がある者となっています。
つまり、継続して仕事をしているのであれば、アルバイトであっても、申込みをして、審査を受け、審査を通過すれば、お金を借りる事が出来ます。

キャッシングの申込みでは、申込書に必要事項を記入し、併せて、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を提出します。
消費者金融会社は、提出された書類を独自のランクシステムや信用情報機関のデータベースへの問い合わせ、在籍確認などを行って、書類の内容に不備が無く、申し込んでいるのが本人であるという事を確認します。
この審査を通過して、正式に契約を結ぶ事で、アルバイトであっても、キャッシングサービスを使えるようになります。

キャッシングで借りたお金には、消費者金融会社で設定された利息が加算され、返済時には利息と元金の合計額を返済する事になります。
その為、利息の年率が低いほど返済総額が少なくて済みます。

  COMMENTS OFF

Comments

Comments are closed.